2008年11月 3日 (月)

箱根にいってきました

土日と箱根に行ってきました。

Asinoko

Kaizokusen

紅葉はこれから。
見ごろはあと一週間くらいからですね。

ともかく天気が良くて楽しんできました。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

花見日和(袋公園・千葉県旭市)

天気が良く、お花見日和となりました。

0000ike


続きを読む "花見日和(袋公園・千葉県旭市)"

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

桜が見頃となりました(袋公園・千葉県旭市)

袋公園の桜が見頃となりました。

昼間イベントが行われていたそうですが、大勢の人で混雑しそうだなと思い、夜ならそれほど訪れていないであろうと思い、夜桜を見に行ってきました。

Yozakura00_2

行ってみると、駐車場に車は結構停まっているし、宴会をしているグループも少なくないです。でもやはり地方なため、人が出ているとはいえ混雑には程遠いですね。

Yozakura01

ゆっくりと夜桜を眺め、撮影してみました。

Yozakura02

袋公園の池の周りにぐるっと植えてある桜はまだ若いですが、それなりに大きくなっており満開となると壮観です。

その桜は昼だけでなく、夜もこうして艶やかな姿を見せてくれます。

ただ残念なのは、もうちょっとライトアップなどしてくれると、もっと奇麗な眺めになりそうだと思いました。

この辺りでのライトアップということについては、いろいろと難しいことではあるでしょうね・・・^_^;

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

桜はまだ二部三部咲きくらいか(袋公園・千葉県旭市)

今日も桜の様子を見に行ってきました。

Sakura01

昨日今日と暖かかったので咲き具合はすすんだようですが、
全体としては、まだまだ良くて三部咲きといった程度でしょうか。

Sakura02

今度の日曜日からはイベントが始まるので、その準備も進められていました。

Sakura03


天気がこのまま続けば、きっと日曜日頃からちょうど見ごろとなりそうですね。

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

2008sunrise


本年も本ブログをよろしくお願いいたします。

続きを読む "謹賀新年"

| | コメント (0)

2007年11月 4日 (日)

漁港での朝市

01kaijou2

 開催時間が9時から12時ですが、品物がなくなり次第終了と聞いていたので早めに出向くことに。

 自転車で30分、走りついたのが9時20分。

02indoor

 開始二十分過ぎでも、すでにこれだけの人が来ていました(^_^;)

 左の人だかりは魚の販売、右手にはカニ汁一杯200円で提供されています。

 さて、水産物はどんなものが出ているかと見てまわると、

05fish02

こんな魚がありました。
煮付けにでもすると美味そうですね。しかし深海魚系とは思うが、何の魚かわからない(^_^;)

05fish

 新鮮なカニにヒラメに触手が動きますが、値段よりももって帰っても食べきれないと思い、買うのを躊躇しました。

 地元に住んでいて良い魚は手に入りやすく、今回ここでなきゃ手に入らないってものではないので、買ってしまって残すのはもったいないですから・・・(^_^;)

04sirasu

 こちらは今回の目玉商品のシラス。

 新鮮さと安さで求める人たちの列!

02indoor2

 生かその場で釜茹でしたのを1パック300円での提供。安いですね~。

 しかし、安いとはいえシラスは地元にいるので手に入るし、場の雰囲気に圧倒され気分的に列に並ぶパワーがなくて購入を諦めました・・・(^_^;)

 他に目を向けると、水産物とあわせて農産物もPRしており、陸のものも出されいます。

03nousan

03nousan2

 野菜類は既に買い置きがあるので、ここで買う必要はないなぁ。

 でも、せっかく来たのだから、何か買って帰りたいと思っていたところに目に入ったのが、

06sanma01

 新鮮な秋刀魚、5匹入って一袋で200円。

 買った!

 そして早々と帰路につき(なんてたって自転車だし30分かかるので)、家に戻ってかから即冷蔵庫にしまいました。

 それから秋刀魚は本日のおかずとして、ムニエルにして調理。

06sanma02

 焼くのがいいのにと思われるかもしれませんが、脂のノリがよく、焼くと家の中が煙一杯になると思いまして、フライパンで火を通すことにしたのです。これだけ新鮮なら、どう調理しても美味いだろうっていうのもありました。

 さっそくいただいてみると、新鮮なので骨からの身離れがいい。 身がしまっていて甘みがあります。

 美味い!

 朝から市にいった甲斐がありました(^^)

 この朝市について振り返って感想を書いてみると、試みとしては良かったと思います。
 ただ、全体を見ていると主催者の思っていたよりも来場者があり、その対応で細かいところに手が届かなかったように感じます。< /p>

 来年もやってくれるのであれば、もっと魚を展示販売を多くしてほしいですね。
 それと、その場で食べられる食べ物、例えば魚介類・秋刀魚なんてバーベキューセットでその場で焼いた物を出せるようにすると、もっといいように思えました。

 会場にいた時間はそれほど長くなかったとはいえ、朝市事態は楽しめ、また良い物が手に入ったので、個人的には行って良かったイベントでしたよ(^_^)v

 水産物PRの朝市が、住んでいる市内の漁港で初めて行われるという事で、行ってみました。


飯岡漁港 朝市


http://ichiba.geocities.jp/iioka_asaichi/index01.html


| | コメント (0)

2007年10月13日 (土)

銚子大橋

Choshioohashi

先日千葉県銚子市を訪れて、利根川の河口にかかる銚子大橋を撮ってみました。

JR銚子駅前からますぐ歩いて5分ちょっとで利根川に突き当たり、河口側と銚子大橋を見わたすことができます。

千葉県側(画面左)から茨城側(画面右)まで全長約1.5km、昭和37年(1962年)に完成した当時は国内最大級だった橋です。

老朽化と現代の交通にあった橋にするために、架け替え工事が行われています。

新しくなったら、また違った風景となるでしょう。


振り返って河口側。

Choshitonekakou

こちらは、利根川の河口らしい広々とした眺め。

茨城側(左)には風力発電の風車、千葉側(右)にはちょっと小さくて見難いですが、ウオッセという施設のタワーがあります。このタワーは河口から利根川と太平洋を一望できる眺望です。

また千葉側の川岸は銚子漁港となっていて、漁で水あげされた魚はここから家庭へと送りだされて、美味しく食べることができています(^O^)/

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

お御輿~千葉市にて~

Chiba

所要で千葉に出向いたところ、千葉神社のお神輿が街に出ていました。

これは千葉神社の「だらだら祭」とも呼ばれる「妙見大祭(一言妙見)」でした。

千葉神社公式サイト
http://chibajinja.hp.infoseek.co.jp/

千葉神社の氏子達が神紋である「月星」が入ったそろいの半被着て、お御輿を担いているのはなかなか壮観です。

この月星は妙見信仰からきていますが、“ツキ(月)を呼び、勝(星)を拾う”という縁起の良さから参拝する方が多くいると聞いています。

また千葉神社はその名のとおり、上総下総で勢力をもっていた千葉氏、家紋は同じ月星でもあり、両者の関わりあいは深いものがあります。

平安時代からの武士で戦国時代まで下総で領主として続いていた千葉氏ですが、江戸時代には徳川幕府から大名として取り立てられませんでした。

月星の紋を背負い勢ぞろいした氏子建ちを見ると、かつてこの地に勢力をもっていた千葉氏を偲ぶ事ができます。

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

自転車で利根川沿いまで

Tone02

土曜日、各地で猛暑という暑い日だというのに、自転車でどこまでいけるかな?と試みてみました。

千葉県の九十九里側にある自宅を出発し北上し、利根川へと向かってみたのです。

一時間ちょっとで利根川までつき、川沿いの土手上にある自転車道を走り水郷の街・佐原まで走りした。

画像はその自転車道。
右側に見えるのは利根川の本流。この向こう側には常陸利根川があり、もう少し下流で一つに合流します。

佐原へと走らせているときは、ちょうど追い風となり走っている時の気分は爽快。
家が近くであれば毎日走りたい場所ですね。

佐原まできたら利根川を離れ南下し香取神宮方向へ進路をかます。

Katori

この地域の一宮、天皇の勅使もみえられる大社です。

ここの辺りはアップダウンがあるので、参道前の木陰で小休止。
水分補給などして、ここからは家路につきました。

暑くて長距離走り疲れはしましたが、走った事自体はとても気持ちが良かった。
また遠出したいですね。

| | コメント (0)

2007年8月 6日 (月)

夏祭り

Natsumatsuri

地元の夏祭りが今日から二日間ではじまりました。

以前は期間が三日間あったり夜店ももっと出ていたりと、昔と比べると少々さびしいところもあります。

でも、この辺ではちょっとした大きい祭りで、地元のTV局も取材にきたりと、なんだかんだいっても賑わっていることは確か。

それに、この祭りがはじまることで益々夏を感じる、なくてはならない行事です。

さて、祭りを楽しみましょう。

| | コメント (0)