« 箱根にいってきました | トップページ | 地中海料理『バレンンシア』東京・浅草橋 »

2008年11月 4日 (火)

ラーメン『麺屋 武蔵』東京都新宿区

100_8275

 

箱根の帰りで新宿で乗り換えです。
ちょっと小腹がすきラーメンでも食べようかと思い立ったのです。
久々に新宿にきたのですからここにしかない店によりたいなぁと思い、『麺屋 武蔵』に立ち寄りました。

以前来たときはまだこの新宿の店だけで人気が出始めた頃です。
私のラーメンの基本は東京の醤油ラーメンで、それをきっちりした仕事で洗練したものを出していたという印象でした。
こってりとした味の方向性ではないので、インパクトは多少弱いかも知れませんが、毎日食べても飽きない感じで気に入ったのでした。

その後には店主がマスコミに登場し、支店も出して、また味に工夫を加えているのは聞き及んでいました。
その間の変化は実際に食べて確認したわけではないので、今回それを味わってみました。

メニューを大きく分けると醤油と味噌とつけ麺。
久々ですから、基本の醤油ラーメンをいただくとしましょう。
ただ、それだけではちょっと物足りないので、豚田楽ご飯もつけます。

100_8276


オープンキッチンの厨房を見ていると、麺の湯切りを大きく一振りで行う、ちょっとパフォーマンスが入った事をしてました。
勢いがあっていいですね(^^)

出てきたものは、噂に聞いていたとおりのエビの香りが漂う醤油ラーメン。
私の記憶がたしかなら、仕上げのエビのエッセンスを加えた油を仕上げに使ってこの味を作っていると聞いています。
たしかに他には無いこの店独特のもので、味わい深いものとなっています。

私はいぜんのスープでも料理として十分いいと思うが、購買意欲をおこさせる商品としてはやはりなにかをしなくてはならないということでしょう。

この事から、シンプルなラーメンというものがラーメン屋の商品としては弱くなっており、「軽くラーメンでも食べよう」といった向きには食べずらい感じがします。
まぁ一杯で満足度を高めてもらおうとしなくてはならないので、私の好みをいっても商売にならないのは重々承知しています。
感覚としては、ちょっと飲んだ後にラーメンでも食べようか。というシュチエーションで食べるには重いなぁという事を言いたいだけなんですがね(笑)

豚田楽はチャーシューをコンニャクに絡めてご飯に載せたもの。
これもいけます。

豚骨系のこってりが好きな人にはちょっと物足りないかもしれません、醤油系が好きなひと、香りを楽しみたい人にはお勧めです。


|

« 箱根にいってきました | トップページ | 地中海料理『バレンンシア』東京・浅草橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根にいってきました | トップページ | 地中海料理『バレンンシア』東京・浅草橋 »