« 日没 | トップページ | たそがれ時 »

2008年2月17日 (日)

災い転じて福となす!?

ちょっと自転車でぶらりと走ってきました。

Cycle01_2


私の住んでいるところは田舎で、ちょっと走ればこのような見渡す限りのどかな田んぼの風景となります。

続きあります↓クリック

Cycle02

このように向かう方向にはほとんど雲がなく、天気が良いので気分がいいです。

しかし、状況はちょっと思わぬことに。

今度は進行方向右側の風景ですが、

Cycle03

私の行く方向はこの画像の右から左、どちらを向いてものどかな風景です。
でもこの右側の奥にあるもので、どうのような状況かがわかります。

右の一部を拡大

Cycle030


風力発電の風車があるのがわかるでしょうか。

もう少し拡大。

Cycle031


風車が左を向いています。
つまり風は左から右。私の進行方向は右から左。

もろに向かい風です(-_-;)

太平洋に面した平坦な地域。
小高い場所には風力発電があるように、風は良く吹きます。
この日は冬型の気圧配置でわりと風がある日。
画像でお分かりと思いますが、まわりは見渡す限り遮蔽物がない。
走っている間ずっと風があたり続けです(ーー;)

運動するのをちょっと怠けていたので、ケイデンス(自転車のペダルを漕ぐ回転数、一分間で何回まわすこペースかを表す)はだいたい60で走るペースでいたいのですが、ギアを軽めにしてもなかなか維持できません。

天気が良いなんてのんびりした感覚はなくなってきて、目標は市外にしていましたが、辛くなったので目標を目前にして戻ることにしました。

いい訳になりますが、まだ自転車を漕ぐペースが戻っていない。
しっかりとしたトレーニングとして走る準備はしてこなかった。
また、辛くてもがんばることは必要ですが、辛いまま終わると、やはり続かなくなることになってしまうのです。
もちろん、すぐにあきらめずに少々向かい風に立ち向かってがんばってみましたが、負荷が思ったよりも大きいので、無理はせずに戻ることにしました。
最初はポタリング(自転車での散歩)気分で走り始めたので、無理するのは怪我の元ですしね^_^;

さて、戻る=Uターン。
そうです、帰りは向かい風。
てこずった風が逆に走行にプラスになります(^.^)

オーバーペースになりそうなので、ケイデンスを70程度で有酸素運動として維持するためギアを一段重くして調整。
相乗効果で良い感じで走行、スピードで10km/hくらい速くらい行きより速いかな?
ともかく、風にのって気分爽快で走り終えました。

この気分よく終わるのがポイント。
運動中辛くても、終わりに気分が良くなれば、次も積極的にやろうと思うのです(笑)

これ運動の長続きのコツ!

まぁ細かいこと抜きにして、天気がよく気分爽快で走れました。
でも、普段着の厚着で走ったため、服が汗でぬれてしまった(爆)

|

« 日没 | トップページ | たそがれ時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日没 | トップページ | たそがれ時 »