« 銚子大橋 | トップページ | 秋に咲いた桜 »

2007年10月14日 (日)

ブランド豚「椿ポーク」のトンカツ

千葉に「椿ポーク」という銘柄があり、生産者がこのブランドのアンテナショップとして開店した『大成』というトンカツ屋があり、そこを訪れました。

Taisei

椿ポークは以前自宅で食材として購入したことがあります。
そのとき食べたのはスライスのモモ肉でしたが、火をしっかり通しても柔らかく美味しくいただけました。

さて、美味しかったお肉でトンカツが食べられるというので、否が応でも期待してしまいます。

店に入り、初めてで色々な味を試してみたいので、ミックスフライ定食を注文。
ミックスフライの内容は、ヒレカツ、梅シソ巻きカツ、エビフライ。

Tonkatsu

まずは梅シソ巻きからいただきました。
スライスした豚で梅シソを巻いたもので、さっぱりとした味わい。
次にエビフライは火が通り過ぎていないいい塩梅の揚げ具合。
そしてヒレカツをがぶりといくと、豚臭さがなく肉自体が柔らかい。
ヒレカツは火を通すとどおしても硬くなってしまいますが、この椿ポークのヒレカツはふわっとした柔らかい食感なのです。

そして揚げ油がおそらく植物油なのでしょう、さくっとして軽く仕上がり胃にもたれることはありません。

食べやすいので、さっと食べきってしまいました。

揚げ物なのに、食べ終わった後の印象があっさりしているという、ちょっと不思議ですね。でも美味しかったですよ。

丁寧に育てた豚できちんとした調理をしているので、体に優しいのというのが伝わってきます。
近々また訪れたいですね。その時はトンカツの王道であるロースカツを食べてみます。
きっと期待に背かない味でしょう。

株式会社ヒガタミート(椿ポーク生産者)公式サイト
http://higatameat.com/

|

« 銚子大橋 | トップページ | 秋に咲いた桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銚子大橋 | トップページ | 秋に咲いた桜 »