« ワインとハム | トップページ | 銚子大橋 »

2007年10月 5日 (金)

豚トロハム入りチャーハン

Chahan

材料:古代米入りご飯、サラダ油、生姜(みじん切り)、ニンニク(みじん切り)、玉子1個、豚トロハム
味付:塩、コショウ、醤油少々

前回紹介した豚トロハムを炒飯の具材にし、画像は古代米のご飯に醤油を使っているので、少々見た目はよくないのですが、美味しくいただけました。

豚トロハムをそのまま摘みとして食べていて、これそのものでも美味しいけれど、トロというだけあって脂がのっており具材として使ってみても面白そうだなぁと思い、ものはためしと作ることにしたのです。

炒飯はいたってシンプルな玉子炒飯で、ハムを細かく切って具としていれ、今回は好みで生姜とニンニクのみじん切りも加えました。

口にいれると、ハムの脂が炒めたことによりご飯に絡まり、コクが出て旨みが増していて美味い。
脂はハムをそのままで食べられる物なので、ラードのイヤミがないのです。

ちょっと贅沢な使い方ですが具材として使うときはそれほどの量は使わないし、例えばベーコンの代わりとして使ってみるとあっさりとした味わいになりそうで、料理する楽しみが増えて面白そうですね。

|

« ワインとハム | トップページ | 銚子大橋 »

コメント

美味かったよ(^_^)v

投稿: 安藤利庵 | 2007年10月 7日 (日) 午前 04時10分

んむっ

うまそう!

投稿: みやうち | 2007年10月 6日 (土) 午後 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワインとハム | トップページ | 銚子大橋 »