« 秋桜(4) | トップページ | 漁港での朝市 »

2007年10月29日 (月)

涸沼のシジミ

Sijimi01

 茨城県の鉾田市、大洗町、茨城町にまたがり太平洋岸からすこし内陸に入った汽水の沼、涸沼ではヤマトシジミが取れること知られています。

 涸沼については下記サイトが詳しく紹介しています。

.river-ing.com涸沼特集
http://www.river-ing.com/pick/pick16/pick16_iku.html

涸沼辞典
http://business2.plala.or.jp/ibarakit/hinuma/index.htm


 昔の日本では汽水となる場所は多く、ヤマトシジミも全国的に取れました。しかし、護岸工事に水門などにより汽水の環境が変わり取れなくなってきました。

 この涸沼ではいまでも汽水がたもたれて、ヤマトシジミがとれますが、昔よりは取れなくなっているそうです。

 そのようなヤマトシジミなので、スーパーなどには売られていることなどみることはなく、なかなか手に入りません。
 よくでまわっている「涸沼のシジミ」と称しているものは、偽物(他の地域で獲れたシジミ)や、本物に偽物をまぜて売っているそうですので、お気をつけください。

 さて、茨城に所要ででかけた親が、涸沼の近くまで行きわざわざ手に入れてきました。
 さっそく砂だしをして、味噌汁でいただきました。
 粒が大きくて出汁が良く出ていて旨い!

Sijimi02

 豊かな自然は、豊かな食物を育ててくれるのですね。

|

« 秋桜(4) | トップページ | 漁港での朝市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋桜(4) | トップページ | 漁港での朝市 »