« 大内宿の旅~その三~宿に入って | トップページ | 大内宿の旅~その五~宿を眺め思う »

2007年7月23日 (月)

大内宿の旅~その四~本陣

040shuku

大内宿のなかですが、茅葺屋根の民家がこのように並び、緩やかな時間が流れています。

大内宿は~その一~の説明あるとおり、会津からの伸びる街道の宿場町。しかも領主が泊まる本陣としてにぎわいました。

本陣となった建物は「大内宿町並み展示館」として復元されて公開しています。

031shuku

032shuku

中に入れば、当時の面影をしのぶことができます。

復元、つまり以前の建物はなくなってしまったのは、戊辰戦争の戦火がこの宿でもあり本陣の建物や資料までも焼失してしまいました。

この会津西街道沿いにある他の本陣を元にこの展示館は復元されてたそうです。

さて次で最終回になります。
一応明日アップ予定ですので、どうぞよろしく。

|

« 大内宿の旅~その三~宿に入って | トップページ | 大内宿の旅~その五~宿を眺め思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大内宿の旅~その三~宿に入って | トップページ | 大内宿の旅~その五~宿を眺め思う »