« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

秋空

今日は暑いのですが空気が乾いているので、日陰に入るとすぅーっと涼しいです。
見上げると高いところに櫛のような雲。
秋なんだなぁと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

善光寺

  だいぶご無沙汰してしまった^_^;

長野旅行の二日目をまとめましたので公開します。

8月4日上田に泊まり、翌5日は電車で長野へ出て善光寺に行きました。

朝起きてから何処行こうか考えるという行き当たりばったり^_^;

別府温泉にいこうか、長野まで出て善光寺にいこうか、駅まで出てもまだ決めかねてました。
やはり一度は善光寺に行ってみようかと思い長野に向かいました。

じつはこのとき腰に痛みがあり、帰りの行程で新幹線を始発からつかえ座って帰れるとの理由も大きかったです。

Imgp1975

さて、しなの鉄道で上田から長野へ。
手前がしなの鉄道、奥は名古屋に向かう特急です。
電車の行き先がまったくなじみの無い地名。やはり遠くへきたのだと感じます。

長野駅について、市街の地図と観光案内のパンフレットで駅から善光寺までの行程を確認。
駅前から参道でほぼ直線の約1KMほど。バスがあるようですが、せっかくですから歩いてお参りをしましょうImgp1987

まっすぐな参道をどんどんあるいていきます。

道の周りが整然としていて気持ちがよく歩けました。Imgp1993

石畳の門前まできました。

Imgp1995_2
仁王門の手前までは、善光寺へお参りにくる方の宿坊が並んでます。

重みのある仁王門をくぐるとおみやげ物や食堂が山門まで並びます。

Imgp2000
山門は残念ながら改修中で建物自体は見ることはできませんでした。

Imgp2003
これはまたのたのしみにしましょう。

山門をくぐると善光寺本堂です。Imgp2005

いままで写真でしか見たことは無かったのですが、木造で萱葺きの本堂は立派で荘厳な雰囲気でした。
なかなか写真では伝わらないものだなぁとつくづく痛感。

お参りをして11時過ぎくらいでしょうか。
込む前にどこかで食事をしようと思いました。
長野に来ているのですからやはりお蕎麦をいただきたい。
どこか適当に入ってもたぶんおいしいだろうと思い、門前にある店に入ってみました。

Imgp2014

天ぷらせいろです。
水切りがちょっと甘かったのですが、お蕎麦はコシがしっかりあり香りが高かったです。
天ぷらも揚げがカリカリだなぁとおもっていたら、汁につけてもべたっとしないもの。おみやげ物家の二階とはいえ、やはり侮れませでした。

お昼を取ったら善光寺の脇にある長野美術館へ。お目当ては東山魁夷館。

Imgp2031_1
絵画にはくわしくないのですが、小さいころに見てから魁夷画伯の絵がすきなのです。

大きい展覧会は10年に一度くらいしかないので、なかなかじっくり見ることができないのですが、ここは常設ですからまとまった作品の数をかならず見ることができます。

正直言って、ずっとその場にいたいと思いました。
長野の街の雰囲気と善光寺そして魁夷画伯の絵、住んでみたいなぁという思いもよぎりました^_^;

早い時間から動いていたのでまだ午後1時過ぎくらい。まだまだゆっくりすることはできますが、腰を落ち着けていると本当に帰りたくなくなりそうなので、思いをいったん断ち切り帰りましょう(ToT)/~~~

さて帰りの新幹線。
この日は全国的に猛暑で、少しのアルコールでも取って外に出るとふらふらになるなと思い口にしてませんでしたが、帰りはもう座っているだけなので地ビールを購入してのんびりと東京へ向かいました。

Imgp2054

オラホとヨナヨナ。両方とも賞をとっている銘柄で、地ビール好きならば聞いたことはあるというものです。
どちらもいい苦味がありますがヨナヨナのほうが味がつよいかな?

駆け足でめぐった長野旅行でしたが、なかなか楽しかった。
今度はじっくりと見て回りたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »