« スタンディングバー「キュヴェ」横浜・関内 | トップページ | 神楽坂の三毛 »

2006年6月25日 (日)

中華「東光飯店(本館)」横浜・中華街

前回、16日キュベェの続きになります。

適度に酔い帰ろうとしましたが、ちょっと食べ足りないなぁ、などと感じてしまってしっまったのです。

ちょっと炭水化物系がいいなぁ。

ご飯物でいこうかなぁ…。 飲んでいた場所は関内。

すぐお隣は中華街。

よし炒飯にしよう!

酔った勢いはこわい物で、止める理性が無くなり、関内から中華街までとことこと歩き始めました。

しかも、歩きながら汁物も少し欲しいなぁ、よしラーメンと炒飯にしよう! などと考える始末(@_@;)

01chinatown

そんな感じで中華街に10時ぐらいに到着。 中華街は夜が早く夜9時くらいには店の大小関係なく閉店になります。

それでもあえて向かったのは、遅くても開いている店はあることは把握してましたし、あわよくば店が終わった地元の従業員が入る店を見つけられるかもとおもったのです。

とにかく食べたい事が先に立ちゆっくり探すことはできず、結果的には地元の人が通いそうな店の探索は断念し、前から気になっていて遅い時間なのに人が入っていたので悪くはないだろうと入って見ました。

前置きか長くなりました(笑)

入った店は「東光飯店」の本館です。 JR石川町から西門ね延平門をくぐり善隣門がある五差路をひだりにまがり2・3店舗、加賀町警察署の前にあります。

まずはビールを瓶で頼みメニューを眺めます。

炒飯・ラーメンといっても色々種類がありますが、シンプルに五目炒飯。 ラーメンはシンプルにいっても面白くはないし凝ったものを頼む程ではなく、中かをとって(意味不明・笑)葱そばでいきましょう。

02chahan

ビールを飲んでいるとまず炒飯がでてきました。 ご飯に粘りが残って炒めているのでパラパラ感がいまいちありませんが、味付けは良いです。 アンかけ炒飯がメニューにあるのでそちらを食べて見たいですね。

つづいて葱そば。 醤油ラーメンにチャーシュウと長葱を刻んで和えたものをのせています。

03negisoa

この葱がビールにあいます(^^) 麺を食べてみると、つるつるシコシコ!スープ(中華スープに醤油味のシンプルなもの)との相性が良い! つけ麺を試して見たいけど中華街では見かけないなぁ。でもジャージャー麺があるからそちらを食べてみたいな(^Q^)

酔った勢いで太ることをかえりみず、美味しかったので完食(^^)v

3品で2000円くらいでした。

|

« スタンディングバー「キュヴェ」横浜・関内 | トップページ | 神楽坂の三毛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20725/2373139

この記事へのトラックバック一覧です: 中華「東光飯店(本館)」横浜・中華街:

« スタンディングバー「キュヴェ」横浜・関内 | トップページ | 神楽坂の三毛 »